FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羞恥ノート(2)

羞恥ノートの第2話です。
そういえば前回書き忘れましたが、ジャンプのデス○ートを読んでいない人にとっては途中から意味不明な内容になります。
なんせシーンがぶつ切りな上に何の説明もなしに使われる設定などが出てくるので。

今回の登場人物ですが、投下した当初のバージョンでは被害者は「渋沢拓魅」という名前でした。(元ネタとなったシーンと似たような名前にしたため)
しかし、「シブタク顔の女しか思い浮かばなかった」という感想をいただいたため、ブログ掲載の際に全然関係ない名前に修正しました。




私は狐につままれたような気持ちで、未だにテロップが流れたままのテレビを見つめていた。
まさか、本当にこのノートの力で?
確かに偶然にしてはできすぎだが…だからと言って、とてもそんな与太話を信じられるはずもない。
だが、もしも本物だとしたら。

「誰か、辱めても構わない…いや、辱めたほうがいい人間…」

私はノートを持って家を出た。
さっきは単なる冗談だと思っていたからこそテレビに出ている相手に使ったが、
もう一度同じことをするのはあまりにも目立ちすぎる。
本物かどうか知りたいなら身の回りの人間に使うのが比較的安全だろう。
問題は誰に使うかだ…効果が効果だけに、友達に試してみるわけにもいかない。
かといって特に恨みのある相手もいないし…

「ん?」

言い争っているような声が聞こえたので思わず目を向けてみると、
一人の少女がセレブっぽい派手な女性に絡まれているところだった。

「あんた、分かってるの? アイスなんか食べながら歩いたりしてさ…おかげで1着数百万はするスーツが汚れたじゃない」
「…す、すみません…」
「謝れば済むとでも思ってるの? それともあんた、お小遣いでこのスーツ弁償できるのかしら?」
「あ、ぅ…ごめんなさい…ひっく…」
「泣いたって許してあげないわよ。この二階堂朱美を怒らせたらどうなるのか、徹底して教えてあげるわ」
「い、いやぁ…っ」

可哀相に、まだ中学生くらいと思われる少女は泣き出してしまった。

「いくらなんでもひどいわね…よし、あいつに決めたわ」

近くにあったコンビニに入り、二人が見える位置でノートを取り出す

「確か…名前を書いて40秒以内なら恥ずかしいシチュエーションを指定できるんだっけ」

私はノートに先ほど聞いた名前を書き込む。

『二階堂朱美――公衆の面前でおもらし』
『二階堂明美――公衆の面前でおもらし』
『二階堂明実――公衆の面前でおもらし』
『二階堂朱実――公衆の面前でおもらし』
『二階堂明海――公衆の面前でおもらし』

これでよしと…あとは40秒待つだけだ。
コンビニの中からじっと二人の様子を見守る。

「大体あんたさ…くぅっ!?」

先ほどまで平然と少女に絡んでいた女性の様子が突然変わる。
まるで何かを我慢するように内股になり、股間の辺りを手で押さえる。
よく見ると全身が震え、表情も真っ青だ。
少女のほうは、何が起こったのかわからずに不思議そうにしている。

「はぁはぁ…も…もう、ダメぇっ…!」

やがて女性は弾かれたように私のいるコンビニに向かって走り出すが…
数歩走ったあたり、ちょうど私の真正面で我慢が限界を迎えたのか、力が抜けたように地面に座り込んでしまう。

「ああ……」

甘い声を漏らしながら、女性は涙を浮かべる。両手でぎゅっとスカートの股間を押さえつけ…
すぐにそのあたりから徐々に黒い染みが広がっていく。

「そんな…嘘…」

うわごとのようにつぶやく女性。
その間にも、股間からあふれる雫は脚を伝って地面に大きな水溜りを作っていく。
スーツも、もはやアイスの染みなど気にしなくていいほどに汚れてしまっている。

「見ないで…見ないでぇ…!」

泣きながら必死に恥ずかしい染みを隠そうとする女性の周りに、どんどん人だかりが広がっていく。
先程の少女はこの騒ぎに乗じて逃げてしまったようだ。

「き…決まりだ!」

私は今度こそ本当に確信した。

「羞恥ノート…本物だわ!」
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ティーカ

Author:ティーカ
MC(マインドコントロール)全般や、超能力・奇術・魔法なんかの非現実的なシチュエーションが大好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。