FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

催眠遊戯 後編

かなり久々のSSの投稿になりますが、ひとまず終わらせられそうなところから、「催眠遊戯」完結です。
マジックショーも一応終わりまで展開は考えているので、近いうちには続きが書きたい……!
とりあえず、年内には何かしらのものを書いて投稿するつもりですので、気長にお待ちください。




「ふふ。ねえ、えっちな和くんはどんな暗示を掛けてほしい? 定番だけど、体中のどこを触られてもおちんちんがすっごく気持ちよくなっちゃう暗示とかどうかな? それとも、女の子がみーんな裸に見えちゃう暗示の方がいい?」

まるで無邪気な子供のように瞳を輝かせる里美先輩。

どうしよう。
このままだと、先輩に命令されるまま、どんなひどい目に遭わされてしまうか分からない。
そして認めるのは悔しいが……今までの仕打ちから僕は、先輩の催眠に絶対に抵抗できないことを嫌と言うほど自覚させられてしまっていた。
ともかく、なんとか僕がエッチな子なんかじゃないってことを先輩に納得してもらって、この催眠術を解いてもらうしかない。

「誤解だよっ! 大体僕が、その……こんな風にされちゃったのだって、先輩が無理やり暗示で命令したからじゃないか!」
「えー、私はえっちな妄想をしろって命令しただけだよ? それでそんな風におちんちんを大きくしちゃったのは和くんがえっちな証拠なんじゃないの?」
「っ……! 仕方ないでしょ、僕の意思とは関係ない生理的な現象なんだから!」
「へー、まだ認めないんだ? 素直に認めた方が楽なのに……それじゃ、和くんが本当に自分の意思でえっちなことするような子じゃないか、試してみようか?」

そう言って、先輩は獲物をいたぶるような嗜虐的な表情でにっこりと微笑んだ。

「和くん、私の目をじっと見て……これから私が口にすることは、和くんにとって現実になるよ……」

続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

広告けしけし

かなーり放置気味になってしまってすみません。
久しぶりにSSを更新しようと思ったのですが、その前に広告が見苦しかったので一度生存報告を兼ねて。
ちょっと、リアルの方で色々あって結婚したりしてたのですが、相方が小説書いていいよと言ってくれたので…
仕事もあって時間が取れないことも多いかと思いますが、まあマイペースに更新していこうかと思いますー。
プロフィール

ティーカ

Author:ティーカ
MC(マインドコントロール)全般や、超能力・奇術・魔法なんかの非現実的なシチュエーションが大好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。