FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪盗ジンジャーブレッド

奇術みたいな、ショーっぽい華麗さを追求したジャンルとして、「怪盗」というのも好きです。
正義とも悪ともちょっと違うような我が道を行くところも。

そんなわけで、怪盗スレで投下してみたSSです。
後編は執筆中。




「じゃーねお姉さんたち、予告どおり『ファラオの嘆き』はこの怪盗ジンジャーブレッドが頂いていくよ!」

半ズボンとシルクハットという衣装に身を包んだ少年は展示台の上に降り立つと、挑発するように女性警備隊員たちに向かって笑顔で舌を出した。
その手には数億の価値があると言われるサファイア、『ファラオの嘆き』が握られていた。

「くっ……相手はしょせん子供よ、捕まえなさい!」

上官と思しき女性の号令と共に、少年に向かって数人の警備隊員が飛び掛ろうとするが、それよりも少年が警備隊へと目にも留まらぬスピードで駆け出す方が早かった。

「ふふーん、捕まえられるものならやってみたら?」

楽しそうにはしゃぎながら、まるで弄ぶかのように隊員たちの隙間を縫いながら目にも留まらぬスピードで駆け巡る。

「きゃぁっ!?」「えーい、このっ」「待ちなさーい!」

警備隊員たちは必死で目の前の少年を捕らえようと手を伸ばすが、まるで動きが全て読まれているかのようにすべての攻撃をするりとかわされていく。

「えーい、何を手間取っているの、さっさとあいつに手錠を……!」

見かねた上官が苛立った声で叫ぶと手錠を取り出そうと腰のホルスターに手をやるが、その手は虚しく空を切る。

「え……?」

戸惑って自分の下半身に目をやると、穿いていたはずのスカートが手錠と共にずり下がり、足首の周りまで落ちていた。

「な――きゃぁぁっ!?」

同時に、大勢の黄色い悲鳴が辺りでこだまする。
警備隊員たちのスカートが、全て上官と同様にファスナーを全開に開けられてずり落ちていたのだ。

「ばいばーい、パンツ丸見えのお姉さんたち♪」

慌てふためく警備隊員たちを見てけらけらと笑いながら、怪盗は博物館の廊下を走り去った。

続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

レックスの苦悩

らんだむダンジョンというフリーゲームのエロパロスレに投稿したSSです。
勇者を目指す少年レックスと第一勇者候補のレイチェルのお話です。




「――レックスくん、そろそろ休憩にしませんか? あまり根を詰めても……」
「ま、まだまだぁっ!」

レイチェルの攻撃によって何度目かのダウンを喫したレックスは再び立ち上がり、果敢にも目の前の勇者候補に対して斬りかかった。

「でも、疲労が蓄積していてはせっかくの太刀筋も――お?」

予想よりも早く目の前に迫っていたレックスの刃をとっさにいなすレイチェル。驚くことに、この期に及んでレックスの動きは鈍ってなどいなかった。
それどころか、一太刀ごとにその攻撃は鋭さを増している。

「こ、これは、予想以上の成長ですね……私もうかうかしていると――あれ?」

もちろん手加減しているとはいえ、徐々にレックスの剣はレイチェルの動きを捉え始めていた。
一撃を交わすごとにレイチェルは一歩ずつ後ろに下がり、背後の岩壁に追い詰められていく。

「――これで、どうだぁっ!」

レックスはレイチェルの防御のわずかな隙を突き、渾身の力を振り絞って必殺の一撃をレイチェルに放つ。
だが、惜しくもその剣がレイチェルの服をかすめた瞬間に彼女の姿は掻き消え、剣は空しく宙を切った。

「しまっ――そっちか!」

レイチェルの逃げた先へと振り返り追撃しようとしたレックスだったが、それよりも一瞬早く相手のレイピアが少年の眼前に突きつけられていた。

「ふぅ……勝負アリ、ですね」

ほっと息をつきながらレイチェルが宣言すると、観念したようにレックスは剣を下ろす。

「うう……今度こそ捉えたと思ったんですけど、やっぱり全然レイチェルさんには敵いませんね」

「いえ、今回は本当にやられたかと思って冷や冷やしました。この調子でいけばきっと近いうちに――」

ピリッ――

一瞬、布が裂けるような柔らかい音がかすかに響く。

「ん? 今の音はなんでしょうか……」

「多分、レイチェルさんの方から――ぁっ!?」

次の瞬間……レックスが目を逸らそうなどと判断する間もなく。
レイチェルの服の胸元に大きく切れ目が入り、一気に拡がっていく。
一瞬にして、レックスの眼前には――隠すものを失ったレイチェルの双丘が完全に露になっていた。
普段、服の下に隠れて分からなかった形のいいバストも、その二つの頂点でつんと立った綺麗なピンク色の突起も。
全てが、まるで目の前の少年に見せ付けるかのように外気に晒されていた。

続きを読む

愛とマジックショー(4)

「ではミナサン、こちらをご覧ください!」

リズが懐から取り出したのは直径10センチほどの緑色のボールだった。
見た目は特に変わったところの無い、恐らくゴム製と思われるボール。リズはそれをステージの床でバウンドさせたり、指で少し押してみたりする。

「ご覧の通り、タネもシカケもゴザイマセン。アイもよろしかったらお確かめください」

「え? うん――」

リズからボールを差し出され、愛はそれに触れてしげしげと眺める。確かに、見た目も感触も不自然なところは無い。

「納得いただけたでしょうか? それでは、今からワタシの念をこのボールに込めて、宙に浮かせて見せます!」

リズは笑顔で宣言すると再びボールを受け取り、観客に見えるように両手を前に差し出した。そしてゆっくりと両目を閉じ、集中しているかのように深呼吸をする。

「では、いきますよ……ワン……ツー……スリー!」

続きを読む

羞恥ノート(最終回)

というわけで羞恥ノートの最終回です(早っ!)

いえ、実は投下してたスレで、ただ既存の漫画の状況を置き換えただけでオリジナリティがない、みたいな評価を結構頂いていたので、ネタも尽きてきたこともあって強引に締めに持って行ってしまったという。

もちろんFはライバルだけあって最終話にもちゃんと登場します。最後まで名前だけでしたが。




「ジェバンナちゃんが何もかも一晩でやってくれましたわ」

「うぐ~…」

一生の不覚。
世界一の探偵だったFも(社会的な意味で)抹殺して、
捜査本部も完全に信用させ、あと一歩で羞恥界の神になれるというところだったのに…。
まさかここにきてミアの策略に嵌ってしまうとは。

「言い逃れできるなら言い逃れてみてください」

もはや完全に私に敵対している捜査本部とFBIに周りを囲まれる。
奥の手だった腕時計に仕込んだノートも、味方だったはずの松島刑事に銃で弾き飛ばされた。
だけど…
私には、まだ最後の手段が残されていた。

「留琴! あんたがこいつらの名前をノートに書くのよ!」

後ろを振り向いて叫ぶ。
私に唯一残された味方…銃弾すら効かない、羞恥神の留琴。

「おねがい…留琴、書いて! もうあんたしかいないのよ!」
「ええ…書くわ」

留琴はペンを取り出し、自分のノートに書き込み始める。

「くくく…終わりよ! 留琴が名前を書いた以上誰にも止められない! 
 あんたたちは一生忘れられないほど恥ずかしい目に遭うんだわ!」
「いえ、恥をかくのはライム…あなたよ」
「え…?」

名前を書き終わった後のノートを私に見せるように突きつける留琴。
そこには「小神ライム」と書かれていた。

「結構長い間お互い退屈しのぎになったじゃない。色々面白かったわ」
「い…嫌だ、恥ずかしい目になんか遭いたくない…
 なんとかしてよ、何か手はあるんでしょ留琴!」
「一度羞恥ノートに名前を書き込まれた者の羞恥はどんな事をしても取り消せない…
 あなたが一番よく知っているはずよね?
 さよなら、小神ライム」
「いやあああ!」

続きを読む

羞恥ノート(4)

羞恥ノートの第4話です。今回は被害者視点です。

今まで主人公視点だったため出す場面がなかったのですが、今回初めて主人公の名前及び通り名が出てきます。名前は「小神ライム」。もちろん「夜神ライト」を少し変えただけです。「小神」は当時放送してた「らき☆すた」の登場人物から取った気がします。
で、通り名は「ヤーン」。うん、なんか説明するだけばかばかしいですが、ようするに女の子に「やーん!」って悲鳴を上げさせるからです。

主人公のライバルだけあって今回もFが登場します。といっても名前だけですが。




「小神ライム、いたって普通の高校生…疑う余地なし、か」

私は尾行対象のリストを眺めながらため息をついた。
Fの予想では、連続恥辱犯、通称「ヤーン」は捜査本部しか知らないはずの情報を得ていることから、捜査本部の関係者の身近な存在である可能性が高いらしい。
私を含む12人のFBI捜査官がFの指示で日本の警察関係者を調べだして既に1週間、今のところ成果らしい成果は得られなかった。

「他の捜査官が何か手がかりを見つけてくれていればいいんだけど…」

悩んでいたところで仕方がない。私は自分の仕事をするだけだ。
そんなことを考えながら新宿駅を歩いているときだった。
突然、後ろから声をかけられた。

「レミィ・ローズバーグさん、振り向いたら恥ずかしい目に遭わせます。
 ヤーンです。ポケットに手を入れたりしても恥ずかしい目に遭わせます」

ま、まさか…でも、この声どこかで…。

「まずはヤーンだという証拠を見せるために、あの喫茶店で働いている女性を20秒後に辱めます」
「…っ!?」

喫茶店のほうを見ると、フリフリのエプロンを着た可愛い女性がウェイトレスとして働いていた。
恐らく大学生くらいだろうか? 両手にトレイを持って忙しそうにしている。

「や…やめなさい!」

私は小声で制止したが、相手は聞く耳を持たずにカウントダウンを始める。

「3…2…1…ゼロ」

続きを読む

羞恥ノート(3)

羞恥ノートの第3話です。

今回から主人公のライバルである「F」が登場します。といっても名前と台詞だけですが。
今回の被害者である「エレン・F・オーレウス」ですが、当時手元にあった竹本泉の漫画「はたらきもの」シリーズの主人公である「エレン・ふわふわ頭・オーレウス」の名前とキャラをそのまま使いました。シチュエーションもキャラにあわせて考えたものになっております。
あと、通訳のヨシコ・アンダーソンさんがさりげなく良い仕事をしています。




「もうテレビから目が離せないね」「うんうん」
「すごいよな、女の子たちがバンバン恥ずかしい目に遭うって」
「抜きすぎてちょっと体力が持たないけどな、俺」「あはは」

そんな会話を楽しそうに繰り広げる男子学生たちを横目に見ながら私は今日も家路につく。
そして自室に戻るなり、パソコンを立ち上げてあるサイトにつなぐ。
思ったとおり、今日も私の活躍を見て喜んでいる人間が何百人とレスをつけていた。
人間というものはこんな生き物だ。
例えば学校のホームルームで「女性にいたずらしていいか」なんて議題があがるわけがないが、
もしそれが議題になったとしたら皆がいい子ぶり「それはいけない事です」というに決まってる。
しかし本音はこっちだ。
口に出さないだけで、女性たちを誰かが辱めていると皆が分かっているのだ。
そして、男性は心の中で私のことを応援し、女性は自分に羞恥が及ぶことを怯える。
まさしく計画通りに事は進んでいる…

続きを読む

羞恥ノート(2)

羞恥ノートの第2話です。
そういえば前回書き忘れましたが、ジャンプのデス○ートを読んでいない人にとっては途中から意味不明な内容になります。
なんせシーンがぶつ切りな上に何の説明もなしに使われる設定などが出てくるので。

今回の登場人物ですが、投下した当初のバージョンでは被害者は「渋沢拓魅」という名前でした。(元ネタとなったシーンと似たような名前にしたため)
しかし、「シブタク顔の女しか思い浮かばなかった」という感想をいただいたため、ブログ掲載の際に全然関係ない名前に修正しました。




私は狐につままれたような気持ちで、未だにテロップが流れたままのテレビを見つめていた。
まさか、本当にこのノートの力で?
確かに偶然にしてはできすぎだが…だからと言って、とてもそんな与太話を信じられるはずもない。
だが、もしも本物だとしたら。

「誰か、辱めても構わない…いや、辱めたほうがいい人間…」

私はノートを持って家を出た。

続きを読む

羞恥ノート(1)

これも、昔2chのエロパロ板で投下したものです。
――といっても、当時手元にあった某人気少年漫画を読みながら台詞などを改変しただけなので、
SSというよりはストーリー性も何もない小ネタ集みたいなものなのですが。
基本的に何も考えずに書いてます、ええ
タイトルからも想像がつくとおり、「名前を書いた相手が恥ずかしい目に遭ってしまうノート」という身も蓋も無い内容となっております。

というわけで、第1話。




全ての始まりは校庭で拾った、ピンクの表紙をしたノートだった。

「羞恥ノート…直訳するまでもなく羞恥ノートね」

私はぱらりと表紙をめくり、1ページ目に書いてあった「使い方」というページに目を通す。

「『これは羞恥神のノートです』…ぷっ」

あまりのばかばかしさに思わず吹き出してしまう。
要は、このノートに人の名前を書くと、その人の身に羞恥が降りかかる、という代物らしい。
まあ、不幸の手紙のようなものだろう。よくこんなくだらないことを思いつくものだ。

続きを読む

愛とマジックショー(3)

1週間後。
煌びやかな雰囲気に飾り付けられた体育館には、生徒たちがひしめき合っていた。
皆、初めて見るステージ上でのエリザベスの奇術を心待ちにしている様子だ。

そんな観客たちの様子を控え室の小窓から覗き見しながら、愛は一人落ち着かない様子でいた。

「うー……リズ、本当に私なんかでよかったの? もし失敗しちゃったりしたら――」

ちっちっち、と黒のタキシードに身を包んだリズは愛の発言を遮るように指を振る。

「ノープロブレムね、アイ。アイは何も難しいことはしなくていいから心配は無用。
ただ、一つだけ協力していただけるなら――ステージの上でこちらを着ていただけますか?」

す、と右手を掲げて指を鳴らすと、リズの手の中に一着の衣装が現れる。
それは、表面に銀色のスパンコールをあしらったセパレートの衣装。
体にぴったりとフィットしたデザインの上、露出度もかなり高そうだ。
それを来てステージに立った自分を想像して愛は真っ赤になった。

「そ、それはちょっと恥ずかしいよ……! 制服のままじゃだめなの?」

「ンー……本当は衣装も演出として重要なのですが――アイがどうしてもというなら仕方ありません」

少しさびしそうにかぶりを振りながらもあっさりと引き下がるリズに、愛は少し拍子抜けした。
とはいえ、恥ずかしがりの愛にとって、この衣装を着て生徒たちの前に立つのはかなりの覚悟が必要であった。

「う、うん……ごめんね、リズ」

「ネバーマインドね。それではアイ、観客の皆さんも揃っているようなので、そろそろ行きましょう?」

そっと愛の手を取って控え室から連れ出すリズ。
愛にとっても他の生徒たちにとっても忘れられない思い出となるショーが幕を開けようとしていた。

続きを読む

純粋とは矛盾色と相互リンクしました!

E=mc^2でも「グノーグレイブ」を連載なさっている紫木いろ(村崎色)様のブログ、純粋とは矛盾色に相互リンクしていただきました

こちらのサイトではグノーグレイブのサイドストーリーやキャラ紹介の他に、オリジナル連載小説やグノー商店で扱っている商品に関する紹介、それらを用いたSSなどを掲載しており、MCを中心としてTS(時間停止)や透視など、私の好きな非現実的なシチュエーションがふんだんに含まれています
また更新頻度も目を見張るものがあり、ほぼ毎日のように新たなSSが掲載されています。私も見習わなきゃ……

様々な不思議な力で女の子に悪戯するシチュが好きな人には、是非ともお勧めです
プロフィール

ティーカ

Author:ティーカ
MC(マインドコントロール)全般や、超能力・奇術・魔法なんかの非現実的なシチュエーションが大好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。